お金を借りる手段

お金を借りる方法には、まず身内が挙げられます。特に親は頼みやすいでしょう。人生最大の買い物である住宅は、お金を貯めるまで待っていると、いつまでたっても家を持つことができません。一部のお金持ちを除いて、お金を借ります。親なら利息なしで貸してくれることもあるので、相談してみましょう。

あとは、金融機関からお金を借りる方法があります。金融機関の金利はまちまちなので、実際に話を聞きに行きましょう。目先の金利が安くても保証料等が高い場合がありますので、金利以外の諸費用も合わせて尋ねるようにした方がいいです。金利が安い金融機関は、かなり審査が厳しいのが現実で、夫婦二人が安定した職業についていることは必須です。過去に負債等がないことも調べられます。他に小さいお金をきちんと管理しているかもみられます。携帯電話代の滞納などは、審査に引っかかります。他のローンがないかも大事です。

また、借りる人の職業によっても優遇される金融機関があります。職場と提携していて、安い金利で貸してくれるところもあるので、調べてみる価値があります。今の職場に長く勤めている場合は、かなり信用度が高いので、優遇されます。「お金を貸してくれる」とは大変ありがたいことであり、社会的に信用度が高いということです。お金を借りる時に一番大事なのは、当たり前のことをきちんとやっているかどうかです。消費者金融もお金を貸してくれますが、くれぐれも「金利0」のような数字に惑わされないようにしましょう。

コメントを残す